はじめまして。院長の飽浦 克彦(アクラ カツヒコ)と申します。
私は、高校生のころ「3時間待ちの3分診療」「ドクハラ(ドクターハラスメント)」等の医療の倫理問題がクローズアップされる環境の中で、
病気は診るけれども病人を診ない医療に対し病人を診る医療がしたいと医学の道を志していました。そうした中、たまたま鍼灸治療を
偶然目の当たりにし、医療の細分化に対しオーダーメイドかつトータルコーディネートの出来るこの鍼灸の虜になってしまいました。
そうして鍼灸の道へと進んでいきました。
 いざ鍼灸の世界に入ってみると、仏教用語にもありますが、「心身一如」という言葉があります。これは身も心も一つであって互いに関連
しあっている様を云います。たとえば、気分が優れない時に体調も優れないといったようなものです。つまり何が言いたいかと言いますと、
鍼灸でもって体のケアを行うことによって心のケアも出来るということであります。
東洋医学では、五臓六腑に精神作用があると考えられています。ですから、私はこのはり・灸で皆さまが健康で快活に日々の生活を送ら
れるよう、少しでも力添えをして参りたいと思います。
病院で検査しても分からず不調を抱えられている方、また日常生活に不憫を強いられている方、お気軽にご相談下さい。

アクラ鍼灸院 ご予約はこちらまで TEL086-242-1424